デザイン住宅のメリットを考えてみます

デザイン住宅は、見た目も良く、一般的に売られている家に比べて細かい所に工夫が凝らされていて生活動線も確保されていて、暮らしているだけでオシャレです。少なくとも外からは憧れの存在として映ります。デザイナーズ住宅は広い土地が無いと作れないと思われる方もいると思いますが、意外とそうではなく、狭い土地でこそ、その効果を発揮するという事もあります。狭い土地をいかに有効活用するのかを考える上で、特殊な形になっていくこともあります。またオリジナル性を重視するわけですから素材も和のテイストから、海外の輸入品まで数多くから選べるメリットもあります。それによってコストが上がることも予想されますが、実は削れることもあります。近い素材で安価なものを選ぶこともできます。自由度の高さがデザイン住宅の一番のメリットです。

理想と生活スタイルのバランスを考える事

デザイン住宅のデメリットは、具体的な意見が無く、なんとなくデザイン住宅がいいという考えでは、デザイナーの思い通りになってしまうということです。もちろんデザイナーのコプセントに賛同し全面的にお任せするのであれば、あとはコスト面の問題でしょうが、作っている最中に、これは嫌だ、これがいいなど、大きな食い違いがでるようでは、話が難航します。またデザインを重視しすぎた結果、生活がしにくくなるというのは、本末転倒だと思います。もちろんよくある家が生活しやすいかといえば人それぞれですが、注文住宅でありデザイン住宅である家で生活がしづらいとなれば、これは自分たちの問題です。いかに両立するかを考える場合、絶対はずせないこだわりと、生活スタイルを重視する箇所をはっきり分けて兼ね合いをとることです。つまり、より具体的に最初に理想について考えておくことが大切ということです。

家を建てることは家族の理想の生活を考えること

ライフスタイルを考えるというのは、建売住宅でも注文住宅でも大切なことです。世の中に絶対というものはありませんが、理想とするライフスタイルを考えることで、どのような家を持ちたいのかを考えることができます。子供の成長だけではなく、自分たちが年老いた時、自分たちの親が年老いた時、独りになったときなど。その中で、もっとも長い時間を共有する人たちの事を思い、家を作ることで、具体的な生活動線を考えるきっかけにもなるかもしれません。家はタダの箱ではありません。生活をする上で家族が日常を暮らす場所になるわけですから、家族で理想を話し合う事で、暮らす人が後悔しない家を作ることができると思います。まずは自分たちの意見を固める事、そしてその理想に近いデザインを作っているメーカーやデザイナーを探すことが第一歩ではないでしょうか。

地域別に計測した気密性の記録をご覧いただけます! 高気密、高断熱などの快適さの他にも住宅のデザイン性にも自信があります。 お家のどこで過ごしても温度の差がなく健康的な環境をつくります。 ウレタンパネルが国土交通大臣認定を取得しています。 バリアフリーにこだわり段差をなくすことは勿論、温度差にも配慮します。 省エネ性能に優れた施工店をチェックしよう! 機能性のあるデザイン住宅をお求めならこちらへ