建売住宅とデザイン住宅の大きく違う点を考えてみます

住宅の購入を考えた時に、新築を希望していても、あまり価格が高くなっては支払いに不安があるという若い購入者や、ファミリーに人気が高い建売住宅があります。反対に、価格は置いておいて、自分たちが住みたい理想がたくさん詰まった住宅を建てたい、という購入者に人気なデザイン住宅があります。こちらは、時間やコストに余裕が必要となってきます。どちらのタイプの住宅を購入するにしても、いい物件と出会うには、購入を考える土地の事を良く知り、その土地の事を好きになっておくことが住宅の購入における最大の極意ではないでしょうか。不動産の方への相談や、自分たちの考える住宅の購入像をしっかりと伝えることが大切になってきます。建売住宅のように土地が決定したあと、壁紙などを自由に選ぶことができるセミオーダーという住宅の建て方も存在します。

購入価格の面でみる、お互いのメリットとデメリット

まず初めに、価格の差が住宅の差ではないということが第一に言えます。しかし、建売住宅とデザイン住宅では、価格の差が出てしまうのが常識です。どうして価格に差が出てしまうのかというと、建売住宅は不動産会社が数棟をまとめて建築することが多く、家を建てるのに必要な資材などをまとめて仕入れることができるという点も理由です。このことから、明確に住宅の価格を把握することができるので、予算がはっきりとしている購入者に人気と言えます。また、デザイン住宅は、土地の購入や仲介手数料、様々なオプションを付けることによってどんどん価格が変動します。購入価格よりも、自分たちの好みに合う住宅を建てたいという購入者におすすめです。購入価格が明確でないという点は、デザイン住宅のデメリットとも言えます。

人生の大きなイベント、住宅の購入で後悔しないようにするには

マイホームを購入するということは、一つの夢と言っても過言ではありません。建売住宅で購入価格を明確にし、不動産が販売している土地ということで、しっかりと整備がされている土地となることが多いので、長い目で見ても安心だということが言えます。反対に、間取りや広さは決められていることが多いので、生活に合わなければ心地よく暮らすことができません。反対に、デザイン住宅では1から自分たちで造り上げていくことができるために、間取りや設備面、外観などのこだわりを全面に発揮することができます。こだわりや理想が大きいという購入者に好まれるということが多いです。こだわりを活かすからこそ、建築には時間がかかりますし、価格も高くなってしまう傾向があります。双方のメリット、デメリットを知っておくことが後悔しないポイントです。